• 2014.12.14

    【レース】ホノルルマラソン2014 総合7位入賞、2度目の日本人1位でゴール

    1476051_897898706900943_6867371095836996301_n10675512_897898460234301_6979834294830621_n10850276_865431986841232_5636982511651489945_n

    2014年12月14日開催されました
    ホノルルマラソン2014に、プロマラソンランナーtakuこと
    原田拓選手が、日本人初となる表彰在をめざし出場し
    ケニア選手勢に勝つことはできませんでしたが
    7位入賞、2012年から2度目の、日本人1位で
    ゴールすることができました。
    ホノルルマラソン「毎日新聞」ニュース

    これも一重に日頃から応援していただいている
    多くの皆様のおかげです。
    応援本当にありがとうございます。
    本来ですと、ご挨拶に伺わなければ
    いけないのですが、帰国後 取材等あり
    すぐに伺えないため、このようにまず
    ご挨拶文を出させて頂きました。

    ホノルルマラソンは、憧れの海外マラソンとして
    世界的にも有名なマラソン大会です。
    日本人は3万4000人出場する中で
    6割2万2000人が出場します。

    原田は、2012年に日本人1位になった年に、
    折り返してゴールを目指す途中、
    向こうから走ってくる市民ランナーが
    「日本人がんばれ!」と、自分もしんどいのに

    声を張り上げて
    応援してくださる市民ランナーの皆さんに、
    自分が頑張る姿が力になる

    自分も、市民ランナーの皆さんに
    応援して頂き、頑張る力をもらった。

    この「応援し合ってゴールを目指す」ということが
    実業団で戦ってきた原田には、全くなかった
    視野の中で、自分の使命に気づかせてくれました。

    ホノルルマラソンを主戦場に選んだのは
    この理由からです。
    原田は、2015年も挑戦します。
    トップランナーとしてゴールに戻って来るとき
    その姿がどれほどの人に、勇気とパワーを
    与えるのかと思うと、自分の辛さはなくなります。

    今後も、走ることを仕事にしていきたい人のために
    10624999_735907689831356_3130503666956811464_n

    プロマラソンランナーという職業を日本に広めるため
    表彰台と、ダイエットランニング事業の両立に挑戦していきます。
    ぜひ、今後も応援して頂ければ幸いです。

    多くの応援を本当にありがとうございます。

    また、プロマラソンランナーtaku の
    このホノルルマラソンへの挑戦に対する想いや
    プロマラソン技術を用いた、パーソナルトレーニング事業への
    取材やイベントゲスト参加など、ご依頼を受け付けております。
    詳しくは、下記までご連絡くださいませ。

    スクールはこちら

    もっと速くなれる!プライベートランニングスクールFROG

    プロマラソンランナーtaku 公式サイト

     

    お問合せはお気軽にどうぞ。
    ==================================
    プロマラソンランナーtaku http://taku-harada.com/
    有)サイバージュリア
    統括マネージャー:成尾郁子(なるおいくこ)080-4307-6004
    〒 460-0008 名古屋市中区栄3-9-22 グランドビル8F G+FIT内
    TEL:050-3383-6639
    メールでのお問合せはこちら

    プライベートトレーニングスクール フロッグ
    http://www.running.co.jp
    ==================================