• 2013.05.24

    『皇居ランナーの大半は、年収700万円超?』東洋経済オンライン(記事参照)

    皇居ランナーの大半は、年収700万円超?

    東洋経済オンライン 5月23日(木)8時0分配信

     多忙を極めるビジネスマンこそ、「ランニング」は自らを鍛える最高のツールと言っていいだろう。

     原田氏や大神氏のような超多忙な経営者でさえ、ランニングを続けている。それは彼らがオンとオフの切り替えがうまく、時間を有効に使うことに長けているからだろう。ビジネスやプライベートでも「時間がない」は単なる言い訳にすぎないのかもしれない。

     ランニングはシューズさえあれば、場所を選ばずに、ひとりでもできるスポーツだ。少し工夫をすれば、通勤や帰宅時はもちろん、30分の“隙間”があれば、十分に「走る時間」を確保することができる。走っている間は誰にも邪魔されない自分だけの時間だ。そのことを知っているビジネスパーソンは、ランニングを精神的なリフレッシュの時間や、新たなアイデアを考える時間として活用している。

    続きはこちら>>